予約センター0467-24-8040
前橋案内所027-221-4122

尾瀬国立公園 尾瀬ヶ原

尾瀬の山小屋 弥四郎小屋

尾瀬の山小屋「弥四郎小屋」です。
四季折々の山や花の最新情報をお届けします。

 尾瀬の見どころ -Highlights of Oze-

尾瀬ヶ原360度のパノラマ 360 degrees panorama of Ozegahara Marsh Land

尾瀬ヶ原

尾瀬ヶ原 Ozegahara Marsh Land

尾瀬ヶ原

東西6km南北2kmにわたる本州最大の高層湿原で、可憐な高山植物や拠水林(きょすいりん)と呼ばれる独特の水辺の風景や池塘(ちとう)に浮かぶ浮島が四季折々の表情を見せて多くの登山客を惹きつける。

尾瀬沼 Ozenuma Lake

尾瀬沼 Ozenuma Lake

燧ケ岳の噴火溶岩により、堰き止められて出来た堰止湖で海抜1,665m、周囲約13km、水深約9.5mの寒帯湖。

水辺にはヨシ、ミツガシワ、フトイが茂り、水面にはジュンサイ、オゼコウホネなどが葉を浮かべている。

湖畔にはアオモリトドマツ、コメツガが茂り、沼に流れ込む沢沿いは湿原が広がり、季節ごとに様々な美しい花を咲かせている。

尾瀬沼と燧ヶ岳 mt Hiuchi

尾瀬沼と燧ヶ岳 Mt. Hiuchi

水面に写る燧ヶ岳の緑と空の雲は、はるか、千年の昔と変わらない。

沼尻平 Numajiri

沼尻平 Numajiri

周囲を山々に囲まれて、水面は刻々と色を変える。
また、近くには木々の間にひっそりと小沼の静寂がある。

三条の滝 Sanjyo no taki w.f.

三条の滝 Sanjyo no taki w.f.

三条の滝は、落差約100m、幅30m豪壮な滝でその水量と落差で名漠百選になっています。

平滑の滝 Hiraname no taki w.f

平滑の滝 Hiraname no taki w.f

平滑の滝は只見川の本流にあり、燧ヶ岳の熔岩流により作り出された約300mの一枚岩の上を滑り落ちる滝です。

池塘 Chito

池塘 Chito

水溜りの周囲に水ごけの泥炭層が堆積され、少しづつ深くなって出来た池です。
尾瀬ヶ原には300を越える大小の池塘があり、独特の景観を形づくっています。

草紅葉の尾瀬ヶ原 Kusamomiji

草紅葉の尾瀬ヶ原 Kusamomiji

9月中旬からは草紅葉(くさもみじ)と呼ばれる周辺の灌木や湿原の紅葉が始まり周囲の山の緑の中に映えて美しい。

至仏山(日本百名山) Mt. Shibutsu

至仏山(日本百名山) Mt. Shibutsu

標高2,228mは燧ヶ岳とともに尾瀬の名峰です。

中腹に「高天ヶ原」「賽ノ河原」などと神仏合体を意味する地名を持つ山です。

その山頂付近の傾斜面には数多い湿地と高山植物の群落があり、高山植物の宝庫です。

燧ヶ岳(日本百名山) Mt. Hiuchi

燧ヶ岳(日本百名山) Mt. Hiuchi

標高2,356mは東北地方以北の最高峰で、山頂は五峰に分かれ、俎ぐら、柴安ぐら、赤ナグレ岳、ミノブチ岳、御池岳からなり、その中心に火口丘があります。

白い虹

白い虹 White Rainbow

残雪に白い虹

朝霧が出た時、とても珍しい白い虹を見ることができました。

立金花(5月下旬~6月)下田代 Ryukinka

立金花(5月下旬~6月)下田代 Ryukinka

水芭蕉の群落(6月初旬)中田代 Mizubasyo

水芭蕉の群落(6月初旬)中田代 Mizubasyo

尾瀬を代表する花。

ニッコウキスゲの群落(7月初旬~中旬) Nikko Kisuge

ニッコウキスゲの群落(7月初旬~中旬) Nikko Kisuge

尾瀬ヶ原の大群落は見事。

ニッコウキスゲのパノラマ Panorama of Nikko Kisuge

ニッコウキスゲのパノラマ

冬の至仏山と景鶴山のパノラマ Panorama of Mt.Shibutsu and Mt.Keizuru in winter

冬の至仏山と景鶴山のパノラマ

彩(いろどり)Color